スポンサードリンク

犬のメタボの改善

内臓脂肪型肥満によって犬も病気を引き起こす場合が多くなってきているようです。

犬でも糖尿病になる場合もあります。例えば肥満の犬に多く見られる免疫システムの
異常により犬でも糖尿病になる場合もあります。

脂肪の多いドックフードを与えてしまったりなどして栄養が偏ってしまう場合などがおもで
病気が進行していくと白内障にもなる可能性も出てきます。

おやつのやりすぎだったりして、犬でも肥満になってしまいます。

内臓に脂肪が蓄積した肥満が原因なのですが、人間と同じようにストレスが考えられた
り食事を不規則に与えてしまったり、いつも餌を切らさないようにドックフードをあげ
てしまったりするようです。

おやつなどは基本的に与えなくても規則正しく決まられた分量を与えることと散歩や
運動で改善されるようです。

室内犬で多いのは、運動不測だったり、不規則な食事のようですね。

一時的に、我が家の愛犬も太りぎみになってしまいました。

いつでも食べれるようにと切らさないようにドックフードの与えすぎだったようです。
なのでレッドは、体系的にスタイルがメタボに近い状態でした。

太りすぎの場合は、メタボマッサージがいいようです。

時間があるときに愛犬の体をマッサージしてあげたりすると気持ちよさそうですね。

力を入れないようにして体全体をマッサージしてあげるとメタボのように内臓脂肪型肥満
の犬にはストレスから癒されたりする効果もあります。

やはり飼い主の方が気をつけてあげないとメタボは改善されないので、
少し食事を制限しながらおやつも3度あげるのを1度経減らす工夫が必要です。

無理にダイエット用のドックフードに変えたりしないで、量を減らすだけでも効果があります。


posted by ちょび at 08:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犬 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。